なりやすい人

脊柱管とは、背骨の真ん中にある管のことを言います。
脊柱管には多くの神経が通る硬膜というものがあり、脳に続く脊髄となります。馬尾と言われる神経束も存在しています。
脊柱管は様々な神経が通っているため、その神経を守る働きをしているのです。この神経が守られていることによって、生活することができるのです。
こうした脊柱管には、脊柱管狭窄症という症状が出ることがあります。
脊柱管狭窄症とは、脊柱管を囲んでいる椎体や椎弓が変形したり、椎間板が変形したりすることによって脊柱管が狭くなる症状です。
それが原因となり神経が通る血管が圧迫され、神経に障害が出たり、腰痛や痺れなどの症状が現われたりしてくるのです。
脊柱管狭窄症を引き起こす原因は、生まれつき脊柱管が狭い人や加齢が原因と言われています。
加齢とともに、骨のトゲや変性すべり症、椎間間接が変形していきます。これは老化現象で多く見られる症状で、脊柱管を狭くしてしまう原因にもなっているのです。

こういった脊柱管狭窄症を引き起こしてしまう人には特徴があります。
それは、重いものを持つ人、同じ姿勢を長時間している人です。
高齢者に多く見られますが、それ以外にも、仕事が原因で年齢に関係なく脊柱管狭窄症になることもあるのです。
特に女性の場合は変性すべり症を引き起こしやすくなります。
腰痛、腰が重い、足のしびれ、歩行が困難などといった症状が出た場合は、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。
全ての症状が当てはまるということではないため、医療機関で相談してみましょう。

多くのサプリメント

注目の記事

オススメリンク